静音室工事

【自宅の環境づくり】

《環境の変化》
2020年から新型コロナウイルスの影響で旅行や人との交流を自粛せざるを得ない状況となり、それに伴う生活様式や働き方の変化でリモートワークや趣味など自宅で出来る事に関心が寄せられる様になってきました。
その一つとして弊社では、自宅のお部屋をリモートワークや趣味部屋などで使用する為の環境づくりとして「静音室」を考えています。リモートワークなど仕事部屋使いとして外部の音が気にならない部屋が欲しい、趣味部屋として映画や音楽鑑賞、楽器演奏使いとして外部に音が漏れない部屋が欲しいなど様々な想いをこの機会に一度考えてみてください。

《防音室ではなく静音室》
一言で防音といってもその中には”遮音”、”吸音”、”防振”など様々なものがあります。
それらをまとめたものが一般的に「防音室」のイメージだと思います。
正直な話、弊社では「防音室」はつくれません。お求めの方は専門の業者へご相談するのが一番です。その「防音室」までは完璧(音にや振動に対してシビア)なものではなく、お客様のイメージに合う”音の防ぎ方”を考えたちょうど良い部屋として「静音室」と名付けました。しかし「防音室」と「静音室」、言い方は違いますが”音を漏らさない部屋”であることは一緒です。その為にまずは現状の環境と、どこまでのお部屋をお求めなのかを騒音計を使い話しながら適したものを考えていきます。ただ、音は目に見えないものなのでどれだけ話しても実際にどこまで出来るのか解らないかと思います。

そこで自社に「静音室」をつくって実際に体験していただける様にしました。自社の「静音室」を一つの基準として体験していただきながらご要望に応えていきたいと考えていますので、ご興味のある方は是非一度ご相談ください。

実際に静音室で音を出した動画のリンクを貼りましたのでご覧ください。

《静音室の体験見学・お問い合わせフォームはこちら》


富山県中小企業ビヨンドコロナ補助金活用事業(令和4年7月22日作成)


 

bnr_建築工事
建築工事
◎新築 ◎リフォーム・リノベーション ◎造作
◎断熱施工・改修 ◎耐震補強 ◎省エネ化 ◎空き家対策
bnr_土木工事
土木工事
◎基礎 ◎造成 ◎外構工事